HASHi FineArt
作家プロフィール

HASHi <橋村 奉臣>

写真家。1974年、ニューヨークにHASHi STUDIO, INC.を設立して以来、アメリカをはじめとする世界の広告写真を中心に活動。近年はファインアートにも力を入れ、日本でも展覧会行うなど、精力的に活動している。

ーCOMMERCIAL

HASHI STUDIO,INC WEBSITE

1968年渡米、1974年ニューヨークにHASHi STUDIO, INC.を設立。以降、ニューヨーク広告業界の第一線で活躍を続け、アメリカをはじめとする世界の広告代理店200社以上を通じ、各国の優良企業500社以上に作品を提供してきた。

近年は活動の拠点をニューヨークと東京に置き、日本の大学・専門学校での講義、ポートフォリオレヴューやワークショップなど、後進育成も積極的に行なっている。グローバルに活躍できる写真家育成と、日本の写真文化発展に向け、2010年には「HASHi国際写真塾」を発足した。

40年以上、熾烈な競争で知られるニューヨークでビジネスを成功させた経験は、現在、日系企業などから海外戦略や広告展開のアドバイザーとしても求められ、多角的に活動している。

ーFINE ART

撮影の傍ら、常にファイン・アートの分野でも独自の視点でオリジナリティーの高い作品を次々と制作してきた。1985年にはニューヨークの国連で、国連大学記念切手発行限定アートとして、「Rainbow in Space―宇宙に架かる虹」が選ばれた。「Rainbow in Space」は、後にタイトルが世界7ヶ国語に翻訳され、各国語のポスターが制作された。なお同限定アートには、過去において、HASHiの他に、ダリ、ミロ、キース・ヘリング、アンディー・ウォーホルなど美術史に残るアーティストも参画している。HASHiの代表的な作品シリーズとしては、『エスクァイア』誌50周年記念ポスターにも採用された「喜び ―Cheers―」をふくむ、Action Still Life「一瞬の永遠」シリーズ、5年半に渡りアメリカ原住民を撮影した「ネイティブ・アメリカン」シリーズ、写真と絵画の技法を融合させたHASHIGRAPHYの世界、「未来の原風景」シリーズなどがある。

HASHiの代表的な作品シリーズ

Action Still Life(アクション・スティルライフ)
Still Life(静物)が肉眼では確認出来ないほどの一瞬に見せる躍動的な姿を、十万分の一秒とも百万分の一秒とも言われる超高速の光で捉えた作品。「46億年の地球の歴史から見れば、ひとつの人生はAction Still Lifeを撮影する際の超高速ストロボ程の瞬間の出来事。時は相対的なもので、どんなに極小に切り取っても、それぞれの瞬間の中には、数えきれないドラマや出来事が濃縮されて溶け込んでいる。」とHASHiは話す。この作品群には、『一瞬の永遠性』に馳せたHASHiの思いが込められている。

HASHIGRAPHY(ハシグラフィー)
写真と絵画の手法を融合させた、HASHiオリジナルの表現方法。撮影後、独自の方法で、意図的に「年月を越えたような風合い」を醸し出している。全てのHASHIGRAPHYに一貫しているのは、「今から千年後に発見された、21世紀の光景」という、時間を超越したコンセプト。HASHiが「現代に生きる人には、“もし自分が千年後に存在していたら”と空想しながら鑑賞してほしい」と話すこの作品群は、不思議で雄大な時間軸の存在を再認識するきっかけを与えると同時に、鑑賞者の心に懐かしさと未知の世界を見るような幻想的な想いを抱かせる。

展覧会情報はこちら

出版情報はこちら